2020年02月15日

水底の棘 法医昆虫学捜査官(川瀬七緒)

マスコミはすぐに若者を離れさせたがるんですよ。マイホーム離れ、結婚離れ、外食離れ、正社員離れ、恋愛離れ。じゃあ彼らは何に近づいてるんだって話になりますけど (p80)
人間は虫がいなければ生きられないんですよ。彼らが担っている役割りは、わたしたちの生に直結している。法医学者が蚊帳の外に置かれているとすれば、それは人が万能だという驕りの表れです (p178)
自分が思う限界点は限界じゃない。余裕で越えられるハードルを置いて、無意識に保険をかけてるだけなんだよ。 (p338)
 法医昆虫学捜査官シリーズ第3弾は、純粋なフェアダニット。警察の地道な捜査と、赤堀先生の調査研究が最終的に一点に収束していく過程のスリリングさで、一気読みでした。ハエの孵化と塩分濃度など、今回もムシの蘊蓄が豊富です。


【関連作品紹介】
posted by 千木良 at 23:00| Comment(0) | 読書記録|93日本文学小説・物語 | 更新情報をチェックする