2016年02月06日

遺跡発掘師は笑わない 出雲王のみささぎ(桑原水菜)


おまえが掘り出すものは、遠い過去と現在を結び付ける。途切れた時間を繋ぐ力があるんだ

 若き天才発掘師・西原無量を主人公とするシリーズ2冊目。出雲を舞台に、建国神話から戦後のGHQ占領統治に自称天皇までの壮大な歴史に、旧家の因習が絡むサスペンス。
 地道な遺跡発掘についての部分がやや薄めなのは残念ですが、永倉萌絵のみならず、相良忍も引き続き登場で、キャラ小説としては安定した読み応えでした。
 差出人「JK」の英文メールという謎を残しての終幕なので、次作にも期待したいと思います。

遺跡発掘師は笑わない 出雲王のみささぎ (角川文庫) -
遺跡発掘師は笑わない 出雲王のみささぎ (角川文庫) -
ラベル:桑原水菜
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック