2016年02月17日

スカーレット・ウィザード 1(茅田砂胡)


「あのな、海賊。言わせてもらうが、毎朝毎朝半自動的に作動するような代物に『でりけーと』などという表現を用いられても、我々女性としては非常に理解に苦しむんだ」

「不謹慎なようだがな、海賊。どうあがいたところで命を狙われるなら楽しんだほうが得だと、わたしは思うんだ」

 海賊王の異名を持つ一匹狼のケリーと、エネルギーと情報を支配する巨大財閥クーアの総帥ジャスミン。宇宙での追いかけっこの末に結婚した「怪獣夫婦」のスペース・オペラ。
 さすがのリーダビリティ―で、一気に読んでしまいました。続けて積読の2巻目に。

スカーレット・ウィザード〈1〉 (中公文庫) -
スカーレット・ウィザード〈1〉 (中公文庫) -

ラベル:茅田砂胡
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック