2016年03月21日

5分で読める! ひと駅ストーリー 食の話(『このミステリーがすごい!』編集部)


 『ひと駅ストーリー』第6弾のテーマは「食」。宝島社系文学賞受賞作家37名の書き下ろしショートショート・アンソロジー。
 初読作家の神家正成さん「戦闘食糧」は、経験からくるディテールもあり印象深かった。
 その他印象に残ったのは、咲乃月音さん「おさらば食堂」、千梨らくさん「最後の料理」、紫藤ケイさん「トールとロキのもてなし」、石田祥さん「カレー屋のインド人」。
 岡崎琢磨さんは「タレーラン」、友井羊さんは「スープ屋しずく」のスピンオフ。テーマとの相性のせいか、七尾与史さん「全裸刑事チャーリー」はありませんでした。





この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック