2016年03月29日

たぶんねこ(畠中恵)


そして、約束の半年が始まったのだ。

 病に罹らずふた月を過ごした若だんなに対し、佐助と仁吉の二人の兄やが“半年だけは必ず守って欲しい”と願った5つの約束が前フリ。結局その5つの約束を守れない話5編からなる、シリーズ第12弾。
 緩やかな設定の連作短編ため、バラエティ豊かな話が並びました。
 前作同様、若だんなの成長が感じられる一冊でした。

たぶんねこ (新潮文庫) -
たぶんねこ (新潮文庫) -

ラベル:畠中恵
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック