2016年04月30日

異人館画廊 贋作師とまぼろしの絵(谷瑞恵)


「あなたをきちんと扱えるのも、学者として高められるのも、大切にできるのも僕だけです」

「僕を遠ざけたら、あなたは永遠に孤独ですよ」

 「図像学(イコノグラフィー)」を扱う“美術ミステリ”第2弾。
 パノフスキーの図像分析でも有名な「愛のアレゴリー」で知られる16世紀の画家ブロンズィーノが描いたという伝説の「呪われた絵」と“贋作”にまつわる事件。
 ミステリとしては判り易い一本道だが、千景と透磨の関係のもどかしさを愉しむのがメインの作品なので問題なしです。
 美術的には図像解釈のちょっとした知識も得られます。



ラベル:谷瑞恵
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック