2016年05月04日

スカーレット・ウィザード 3(茅田砂胡)


自分が見ているものを他人も同じように見ている保証はどこにもない。

「彼はあなたにつきあってみるのも面白そうだと言った。だったら本当にその言葉通りの意味しかないと思うわ。」

 前半は、マタニティのジャスミンに代わって、ケリーが矢面に立つことで、誰が敵で、誰が味方かをあぶりだす財団内部の話、一転して後半は、ケリーの過去が引き起こす事件。禁忌に触れられたケリーが反撃を開始したところで次巻へ続く…、というわけで積読の4巻へ。

スカーレット・ウィザード3 (中公文庫) -
スカーレット・ウィザード3 (中公文庫) -


ラベル:茅田砂胡
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック