2016年05月04日

スカーレット・ウィザード 4(茅田砂胡)


「世代の差というものはどうしようもないとしみじみ思った。同時に環境というものは、教育とは、実に恐ろしいものだとも思った。どんな思想の人間も環境と教育次第でつくれるんだ。」

 辺境銀河の海賊ギリアスとの、手に汗握る戦い。そこで明らかになるケリーの過去。事後処理の中で、期間限定夫婦の絆を深めた6章で終えてもいいものを、さらなる事件が発生し財団内の敵との戦いへ、というところで次巻へ。5巻の刊行は今年春との予定も目下情報なしです。

スカーレット・ウィザード4 (中公文庫) -
スカーレット・ウィザード4 (中公文庫) -


ラベル:茅田砂胡
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック