2016年06月25日

邪馬台 蓮丈那智フィールドファイルⅣ(北森鴻・浅野里沙子)


「悪い癖だ。自分の考察を簡単に捨てるんじゃない」

 北森鴻さんの急逝により中断し、作者の公私にわたるパートナーだった浅野里沙子さんによって書き継がれた蓮丈那智シリーズ唯一の長編作品。
 「邪馬台国」を民俗学で読み解く内容ですが、シリーズの集大成を目指していたのか、宇佐美陶子シリーズ『狐闇』の完全なる続編となっています。
 物語終盤はやや駆け足の感もありましたが、この壮大な内容をよく書き継いだなという思いが強かったです。
 『狐闇』未読のため、十全に読み切れなかったのが残念でした。

邪馬台: 蓮丈那智フィールドファイルIV (新潮文庫) -
邪馬台: 蓮丈那智フィールドファイルIV (新潮文庫) -

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック