2016年07月07日

天使の卵―エンジェルス・エッグ(村山由佳)


あなたがそこにいてくれることで、少なくとも僕はこんなに救われてる

 シリーズものとの予断で、結末は衝撃的でした。発表から30年も経過して、いまなお瑞々しい純愛小説です。第6回小説すばる新人賞受賞の著者デビュー作で、五木寛之氏の“凡庸”の選評に象徴されるように、先人の嫉妬と惧れが感じられます。王道の展開で書ききっていて、大変良かったです。
 それにしても、村上龍氏の解説バイアスで、本読みを自負するような読み手は特に、凡愚と評価したり、物語との正対を回避した感想を持つのではないかと感じました。

天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫) -
天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫) -


【映画】


【送料無料】天使の卵 通常版/市原隼人[DVD]【返品種別A】


ラベル:村山由佳
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック