2016年07月15日

愚者のエンドロール(米澤穂信)


誰でも自分を自覚するべきだ。

 〈古典部シリーズ〉第2弾は、ミステリに関するキーワードを散りばめ、ミステリファンに生りたての中高生をターゲットにしたミステリ。…にみせかけ、最後の一ひねりが効いた青春のほろ苦さが際立つ作品でした。 試写したビデオの内容で、ホータローの推理までは一足飛びでしたが、一筋縄ではいかない結末でした。前作を読んでから日が立ち過ぎて忘れてしまった人間関係も鍵のようですので、前作と続けて読んだほうが楽しめたのかもしれません。
 〈スニーカー・ミステリー倶楽部〉レーベル。

愚者のエンドロール (角川文庫) -
愚者のエンドロール (角川文庫) -

ラベル:米澤穂信
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック