2016年08月13日

レインツリーの国(有川浩)


待ち合わせ場所にリックドムみたいのが来ても「友達からお願いします」って言えるくらい好きやったから

だが、他人に理解できない辛さを抱えていることは健聴者も変わらないのだ。その辛さの種類がそれぞれ違うだけで。

 『図書館戦争』シリーズ2作目『図書館内乱』のキーアイテムとして登場する小説として、同作と同時進行で書かれた作品。聴覚障害者をヒロインに据えた恋愛小説です。
 あとがきの自転車のエピソードのように、歩行者にベルを鳴らしてはいけないという当たり前の事を無視しても、伝えたいことが際立つように語る著者らしく、よく調べた上でエッセンスを絞って紡ぎ出された物語だと思いました。

レインツリーの国 (新潮文庫) -
レインツリーの国 (新潮文庫) -


【映画】


レインツリーの国 豪華版(初回限定生産) [Blu-ray]



レインツリーの国 豪華版(初回限定生産) [DVD]


ラベル:有川浩
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック