2016年09月21日

真相開封(「文藝春秋」編集部)


 この本の質の低さは、「はじめに」で隣室の女子大生をレイプした少年家族への取材を“少年の家庭内暴力に悩む親たちに”と、勝手な使命感に置き換えた記者のお話が全て物語っています。前作同様、玉石混交の石ばかりな仕上がりでした。身を削りながら守るジャーナリズムなら、調べればわかる程度を伏字表記で“如何にも”を装うのは止めてほしいものです。
 月刊「文藝春秋」の2011年12月号の特集に、「世田谷一家惨殺事件 浮上した日仏混血男性」を付し、加筆修正した全34篇収録。

真相開封―昭和・平成アンタッチャブル事件史 (文春文庫) -
真相開封―昭和・平成アンタッチャブル事件史 (文春文庫) -

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック