2016年11月20日

銀盤騎士 9(小川彌生)


変わる
大事な人に
 認めて もらうために


観客やジャッジに 感動や興奮を してもらうには こちらもそれなりの 「感情」を見せねば ならん
大勢が 苦手なら たったひとり でもよい
 「自分を 視てほしい」と 強く思う相手を つくるのじゃ


これからも ふたりの関係は 変化して ゆくのでしょうか
 今は ただ
姫君の如く その胸に飛び込んで いきたいのを こらえるだけで 精一杯なわたしです






ラベル:小川彌生
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック