2016年11月28日

校閲ガール(宮木あや子)


その内容が利益を生みさえすれば許されるとするならば、校閲なんて必要ないし、そもそも校閲なんて概念すら存在しなかっただろう

 出版社の校閲部を舞台にしたお仕事エンタメ小説。ドラマ「地味にスゴイ!」原作本。ダ・ヴィンチ掲載の第1話は読了済でしたが、再読してドラマで感じた違和感の正体がわかりました。けっこう設定を変えていましたね。校正実務講座を受講していた過去を持つおいらにとっては、決して遠くない世界の話で、楽しく読めました。

校閲ガール (角川文庫) -
校閲ガール (角川文庫) -


【シリーズ本】


校閲ガール ア・ラ・モード



校閲ガール トルネード


ラベル:宮木あや子
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック