2017年02月11日

蟲師 外譚集(芦奈野ひとし、今井哲也、熊倉隆敏、豊田徹也、吉田基已)


我々は所詮
 流れ者
どうでもいい存在なんだと

 (熊倉隆敏「歪む調べ」)

風呂に入れば気持ちがよい
泣きたければ泣くがいい

 (吉田基已「滾る湯」)

「それは錯覚じゃあない ある種の〝力〟の切れ端だ」
 (芦奈野ひとし「海のちらちら」)

ぼくたちは
 「人間」というきっぱり一個のデジタルな存在なのではなく
たくさんの生命が寄り集まった組木細工のようなものなんだ

 (今井哲也「組木の洞」)

蟲に因果はないんだ ただ生まれ 在り 消えてゆく たまたま係わった人々を巻き込んじまうだけなんだ
 (豊田徹也「影踏み」)


蟲師 外譚集 (アフタヌーンKC)

蟲師 外譚集 (アフタヌーンKC)

  • 作者:芦奈野 ひとし,今井 哲也,熊倉 隆敏,豊田 徹也,吉田 基已
  • 出版社:講談社
  • 発売日: 2015-04-23



この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック