2017年02月01日

2017年1月の読書メーターまとめ

2017年1月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:3273ページ
ナイス数:107ナイス

藪の中・羅生門 (ホーム社漫画文庫) (MANGA BUNGOシリーズ)藪の中・羅生門 (ホーム社漫画文庫) (MANGA BUNGOシリーズ)感想
藪一つ隔たって おりますから…(藪の中) | ある日の暮方の 事である 一人の下人が 羅生門の下で 雨やみを待っていた(羅生門)
読了日:1月2日 著者:坂本久作
日本人が意外と知らないにほんの話 (幻冬舎文庫)日本人が意外と知らないにほんの話 (幻冬舎文庫)感想
日本人が意外と知らない「にほん語」「発明」「食べ物」「にほん人」「にほん地図」「習慣」「芸能・スポーツ」「伝説」の8つのテーマに各10の話題+こぼれ話の合計100選。典型的な雑学本で、よく知られている話が多かったです。まぁ読み易かったですけどね。
読了日:1月5日 著者:にほん再発見研究会
すえずえ (新潮文庫)すえずえ (新潮文庫)感想
離れの毎日は、変わらず、ずっとずっと続いていくと思ってた。でも、そうでもないのかな ―― 改めて人と妖との時間の長さの違いを思い知らされるシリーズ第13弾。幼なじみの栄吉の恋や若だんなの縁談話と一太郎たち人間の将来が見える一方、仁吉や佐助ら妖たちも行く末を決めるなど、外伝『えどさがし』に繋がるような話でした。若だんなの許嫁も決まって、一先ず物語が前進したようです。 ―― それで私は正しい答えではなく、やりたいことを決めました
読了日:1月7日 著者:畠中恵
しゃばけ漫画 仁吉の巻 (新潮文庫 は 37-48)しゃばけ漫画 仁吉の巻 (新潮文庫 は 37-48)感想
手を 伸ばしても 決して 触れられ ないから こうも 惹かれるのかも しれませんねぇ(月に妖) | 妖達は 長い長い時を 生きるんだ これからだって はるか先まで 時を越えてゆくんだろう 私もいつか 皆を置いてゆくんだね(はるがいくよ) ∥ 高橋留美子さん「屏風の中」、みもりさん「仁吉の思い人」、えすとえむさん「月に妖」、紗久楽さわさん「きみめぐり」、鈴木志保さん「ドリフのゆうれい」、吉川景都さん「星のこんぺいとう」、岩岡ヒサエさん「はるがいくよ」を収録
読了日:1月8日 著者:高橋留美子,みもり,えすとえむ,紗久楽さわ,鈴木志保,吉川景都,岩岡ヒサエ
しゃばけ漫画 佐助の巻 (新潮文庫 は 37-49)しゃばけ漫画 佐助の巻 (新潮文庫 は 37-49)感想
心配するのも 怒るのも叱るのも その人のことを大切に想う あたたかい証だとわかった(動く影) ∥ 萩尾望都さん「うそうそ」、雲田はるこさん「ほうほうのてい」、つばなさん「動く影」、村上たかしさん「あやかし帳」、上野顕太郎さん「狐者異」、安田弘之さん「のっぺら嬢」、柴田ゆうさん「しゃばけ4コマ」を収録
読了日:1月8日 著者:萩尾望都,雲田はるこ,つばな,村上たかし,上野顕太郎,安田弘之,柴田ゆう
まんが このミステリーが面白い! 赤川次郎ミステリー傑作選 (ぶんか社コミック文庫)まんが このミステリーが面白い! 赤川次郎ミステリー傑作選 (ぶんか社コミック文庫)感想
どうしていつも 夕子とのデートは 「事件との見合い」に なってしまうのか…(幽霊指揮者) ∥ 「つきに見放された男」「幽霊温泉」「幽霊指揮者」「星をつかまえろ」「ライオンは寝ている」「名探偵の子守唄」「父さん、お肩を」「旅路の終り」「幽霊候補生」の9編収録。
読了日:1月8日 著者:中原まい
モンキーターン 4 (小学館文庫 かD 20)モンキーターン 4 (小学館文庫 かD 20)感想
誰かが言ってましたからね。競艇は「最初に死んだ者が最初に蘇る」って。 | たとえ本栖では禁じ手でも、 ここでやらなきゃ……負ける! モンキーターンを! | やっぱり競艇のことは、 水の上で決めるんだ。 ∥ 巻末のキャラクター解説は④青島優子 
読了日:1月8日 著者:河合克敏
くまのがっこう ジャッキーのうみ!うみ!うみー!くまのがっこう ジャッキーのうみ!うみ!うみー!感想
ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:1月13日 著者:あいはらひろゆき
([ん]1-10)みんなの少年探偵団 (ポプラ文庫)([ん]1-10)みんなの少年探偵団 (ポプラ文庫)感想
いつまでも、ぼくらは最高に楽しい問題を考え続けることができる。光と影が常に入れ替わるようにして! ―― 乱歩の「少年探偵団」のオマージュアンソロジー。万城目学さん「永遠」、湊かなえさん「少女探偵団」、小路幸也さん「東京の探偵たち」、向井湘吾さん「指数犬」、藤谷治さん「解散二十面相」の5編を収録。 ―― 二十面相でさえ、自分自身から逃れることはできないということですね。
読了日:1月14日 著者:万城目学,湊かなえ,小路幸也,向井湘吾,藤谷治
アルコ 恋愛女子短編集 ラブレター (集英社文庫 あ 71-4)アルコ 恋愛女子短編集 ラブレター (集英社文庫 あ 71-4)感想
願いに耳を 傾けるのは 神さまじゃない あたしだ(終電車 ゆりあ編) | 私が 私のお願い 聞ーてやんないで 誰が聞ーてくれんだっつーの(銀河) ∥ 「ラブレター」「終電車 ゆりあ編」「スターレスブルー」「銀河」「恋情孵化」「きらきらが降る」「アンドリュー」「三つ編みと赤い自転車」「ピンクの風が吹いている」の9編収録
読了日:1月15日 著者:アルコ
ムーミンいっかのケーキのひムーミンいっかのケーキのひ感想
ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:1月16日 著者:リーナ&サミ・カーラ
月館の殺人 上 (小学館文庫 あN 1)月館の殺人 上 (小学館文庫 あN 1)感想
稚瀬布発 月館行 幻夜号―― そこに行けば…… お祖父さまに 会える―― | 思い切って気持ちを切り替えてみることだよ。 ひとつ乗り越えたらけっこうすべてがうまく回り出すようになる。 ∥ 巻末に、原作者の綾辻行人さんと鉄道監修の江上英樹さんの〈制作裏話対談〉を収録
読了日:1月28日 著者:佐々木倫子
月館の殺人 下 (小学館文庫 あN 2)月館の殺人 下 (小学館文庫 あN 2)感想
月館は駅ではありません。 | 十蔵氏はすべてを鉄道趣味に注ぎ込んだ。 この屋敷を「鉄道館」と呼ぶ者もおるくらいです。 | テツなんか殺してもいいんじゃないか? テツ…殺されるに値するやつら。 やつらには殺される理由があるってことを世間に知らせてやる。 ∥ 佐々木倫子さんのあとがきオマケ漫画「打ち合わせ三景」、綾辻行人さんの「文庫版・原作者あとがき」も収録。解説は有栖川有栖さん。
読了日:1月29日 著者:佐々木倫子
母と子のおやすみまえの小さなお話 心を豊かに育てるお話母と子のおやすみまえの小さなお話 心を豊かに育てるお話感想
日本や世界の昔話から童話、児童文学まで幅広い100話を、発達心理学の観点から「愛とやさしさを育むお話」「信じる心と行動する勇気を育むお話」「感じる心や想像力を育むお話」「素直な心と純粋な気持ちを育むお話」の4つのテーマに分けて収録。ムスメらに就寝前の読み聞かせ。
読了日:1月30日 著者:千葉幹夫

読書メーター



posted by 千木良 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(まとめ) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック