2017年05月05日

マンガ日本の古典28 雨月物語(木原敏江)


なにも 不思議がる ことは ありませんわ
わたくしたちの 愛は
 海より深く 山より高くと かたくお約束 したでは ありませんか
前世の縁 あればこそ お会いできた というのに
 そのように わたくしを嫌って はなれようと なさるのなら
いっそあなたを とり殺して あなたの血で 谷も峰も 血みどろにして しまいましょうか ……

 (蛇性の婬)

 上田秋成の『雨月物語』5巻9篇の中から「菊花の約」「浅茅が宿」「吉備津の釜」「蛇性の婬」の4篇をマンガ化



この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック