2017年05月10日

ミステリー民俗学者 八雲樹 1(山口譲司)


僕は真実が 知りたいんです
謎を見つけると 放っておけないんです 何としても その裏に 隠された真実を 知りたくなる…
研究者の 習性なんです これは
それに 殺人事件の犯人捜しって 民俗学の調査と 同じなんじゃないでしょうか 人の話を聞き 資料を集め その結果をもとに 推理を構築していく…

 (天狗伝説殺人事件)

 「天狗伝説殺人事件(壱~参)」「かぐや姫殺人事件(壱~弐)」収録。【やくも民俗学紀行】と題した解説は民俗学者の小松和彦さん。
 民俗学者・小松和彦さんの解説によれば「天狗」という語の初出は『日本書紀』とのこと。作中では、「天狗」の初出について、聖徳太子が編んだ旧事記(きゅうじき)ということでしたが、そもそも「旧事記」は「くじき」と読み習わす、一般に「偽書」とされる歴史書。ということでフィクションを高める演出なのでしょうね。




この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック