2017年05月28日

猫は毒殺に関与しない(柴田よしき)


俺としてはやはり、ここまでつきあったのだから、腐れ縁だろうとなんだろうと最後までとことん、桜川ひとみ、という人間とつきあってみたい。 (p210)

 10年ぶりの新作となる正太郎シリーズ、なのに「猫は毒殺に関与しない」「猫は三日ですべて忘れる」「正太郎、恋をする」の3編のみの収録。といっても、こちらも引っ越しの経緯とかの記憶が無い状態なのだけど。軽い読みごたえに、旧作にあたって経緯を確認する間もなく読了。次作はもう少し短い期間で刊行されることを期待しています。



ラベル:柴田よしき
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック