2017年06月01日

浜村渚の計算ノート 7さつめ 悪魔とポタージュスープ(青柳碧人)


アポロニウスの窓には、数学好きの女子にとっての永遠のときめきがあるんです

 マイナスのかけ算と『デロスの問題』の『立方体倍積問題」に触れる「深夜マイナス1」、引き続き『デロスの問題』の『円積問題』『角の三等分問題』を扱う「不可能彫刻の森」、『充填問題』が鍵を握る「プレゼントにリボンをつけて」、「1たす1はどうして2になるのか」を『ペアノの公理』で説明する「数学手本忠臣蔵」の全4編と、次作への宿題を残すおまけ「エピローグ 裁判」を収録したシリーズ第8弾。
 たまには「当たり前」について考えるのも良いですね。



ラベル:青柳碧人 辻真先
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック