2017年06月14日

アルテ 1(大久保圭)


私にとって職人になるっていうのは……
目標じゃなくて手段なんです
女が一人で生きていくのが
 どんなに大変か分かってる…
だけど
どうしようもなく怒りがわいてきて
それが私をつき動かすんです
どこかでのたれ死ぬかもしれなくても
 工房で学んで
自分自身の力で生きられる道を目指したいんです


あの娘が前を向いて凛と立ち続けていられれば
私以外にもその魅力に気付く男は必ず現れるさ


私たちみたいに男の庇護の外で生きようとしてる女にとって
溺れるような恋は地獄への入口よ
 アルテ





ラベル:大久保圭
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック