2017年06月17日

軍神の血脈(高田崇史)


「つまりきみは、本物の楠木正成は、湊川で死ななかったと言いたいんだな」 (p156)

組織の団結力を高めようと思ったら、その方法は簡単だ。規律を緩めれば良い (p203)


「特攻隊において無駄死にした人間は、たった一人もおらん!」
 …―… 
「もしも彼らの死が無駄死にとなるとすれば、それは今生きている我々が、彼らの死の意味を考えなくなった時だ。 …」 (p287)


「歴史はいつも、私たちの目の前に横たわっている」
 …―… 
「でも私たちが問いかけない限り、何かのアクションを起こさない限り、彼らは決して口を開いてはくれない。ところが、正しく問いかけることができれば、彼らは私たちの予想を遥かに超えた物語で答えてくれる。 …」 (p332)


この世に自分を信じてくれる人が一人でもいれば、人生は生きるだけの価値がある (p352)

 何者かに毒を射たれて瀕死の祖父を救うため、薬剤師の早乙女瑠璃が、元同級生で歴史作家の山本京一郎とともに、楠木正成の謎に挑むタイムリミットサスペンス。ノンシリーズものですが、《QED》などと同様に、歴史の謎解きは大変興味深かったです。
 ロバート・ラングドン宜しく都内を駆けずり回りますが、本題とはあまり関係がないのはご愛敬ですかね。

(2016年3月15日第1刷発行、p372)〝だが、これだけはいいたのだ。〟は脱字かな。〝だが、これだけはいいたいのだ。〟だろうね。



【単行本】


この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック