2017年08月16日

筆跡鑑定人・東雲清一郎は書を書かない。(谷春慶)


どうしてそれができるか説明もできない。わかるものはわかるし、外れないだけだ (p111)

 眉目秀麗で毒舌な大学一の変人・東雲清一郎と平凡な(純真で猪突猛進な)女子大生・近藤美咲とのツンデレな関係を愉しむキャラミステリ。主人公らが通うFラン大学生のクズっぷりはイタいのですが、筆跡鑑定をはじめ、書道や文字に関する雑学は興味深く、また清一郎の毒舌や、美咲との掛け合いも魅力的で読み易かったです。
 【『筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。』献本プレゼントキャンペーン】で頂きました。


ラベル:谷春慶
posted by 千木良 at 23:00| Comment(0) | 読書記録|93日本文学小説・物語 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください