2017年09月04日

銀盤騎士 11(小川彌生)


「きみが 本物の騎士に なれば」
観客は熱狂する


この瞳を 見た途端
眩しすぎる スポットライトの 中だろうと
踏むほどに痛む 茨の道や 息も凍る 氷の城だろうと
この人と 一緒なら どこにだって 飛び込めると 気づいたのです


たくさんの人を ドキドキさせて 夢中にして
今は わたしだけの
銀盤の騎士


 氷上に魔法をかけるラブ×コメディ ついに 完結!


ラベル:小川彌生
posted by 千木良 at 23:00| Comment(0) | 読書記録|79コミックス・劇画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください