2017年10月01日

サイコドクター楷恭介 2(オキモト・シュウ)


人間というものは
意味のないものにでも
 むりやり意味を与えようとする生き物だからなんだ


自らの心の闇と向き合わなければ人は心的外傷を乗り越えることが出来ない

命の存在は
 この世の何より重い
しかし人間はその重さを失った時にしか計りえない


生きてる理由がわからなくても腹はへる
腹がへるから飯を食う
 そのためにカネを稼ぐ
それが『生きる』ってことの答えなのさ


挫折もまたひとつの生き方なんじゃないんですか?
 
 『睡眠恐怖症』『リストカット』『ひきこもり』


posted by 千木良 at 23:00| Comment(0) | 読書記録|79コミックス・劇画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください