2017年10月01日

2017年9月の読書メーターまとめ

9月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:2996
ナイス数:105

言えない記憶 (宙コミック文庫 Hi-mystery Series)言えない記憶 (宙コミック文庫 Hi-mystery Series)感想
胎児は自分で 意識する事なく 母の膚の記憶を 受け継ぐのだ……(膚の記憶) ∥ 高橋克彦さんの第106回直木賞受賞作『緋い記憶』の7篇のうち、篠崎佳久子さん作画「言えない記憶」、橋本多佳子さん作画「冥い記憶」、わたなべまさこさん作画「遠い記憶」、つじいもとこさん作画「緋い記憶」、井上洋子さん作画「膚の記憶」の5篇を漫画化し収録。
読了日:09月10日 著者:高橋 克彦
走れメロス 太宰治短編集 (講談社青い鳥文庫)走れメロス 太宰治短編集 (講談社青い鳥文庫)感想
あきらめを知らぬ、本能的な女性は、つねに悲劇を起こします。(ろまん燈籠) ―― 直木賞作家・西加奈子さんが編んだ太宰治短編集。「走れメロス」「ろまん燈籠」「黄金風景」「新樹の言葉」「葉桜と魔笛」「善蔵を思う」「佳日」の7篇を収録。青い鳥文庫なのでイラストが豊富なのだが、「佳日」で、禿頭のはずの小坂吉之助の髪がふさふさに描かれていたのは残念。ついでに言えば、同一レーベルに二つの「走れメロス」というのも回避できなかったのだろうかと疑問。
読了日:09月13日 著者:太宰 治,浅見 よう
不思議なふしぎなおばけの話90不思議なふしぎなおばけの話90感想
「会ってみたい身近なおばけ」というテーマで、「山、森のおばけ」22話、「海、川のおばけ」15話、「寺社、お墓のおばけ」15話、「あの世のおばけ」15話、「おうちのおばけ」23話の計90話を収録。ムスメらに就寝前の読み聞かせ。
読了日:09月14日 著者:
大人も子どもも 読んで、聞かせて、楽しんで 日本の神様のお話 下大人も子どもも 読んで、聞かせて、楽しんで 日本の神様のお話 下感想
古事記・日本書紀15編のほか各地の神話・風土記が5編、離島・琉球の神話7編を収録。巻末には神様・人物紹介と用語解説も掲載。ムスメらに就寝前の読み聞かせ。
読了日:09月14日 著者:
成功の言葉 (いのちの言葉)成功の言葉 (いのちの言葉)感想
古今東西、オール・ジャンルの「名言」「金言」「箴言」を散りばめた、言葉のアンソロジーの3冊目。バラエティ豊かに100+αの「成功の言葉」が掲載されています。
読了日:09月14日 著者:
号泣する準備はできていた (新潮文庫)号泣する準備はできていた (新潮文庫)感想
自由とは、それ以上失うもののない孤独な状態のことだ。(手) ―― 大人女子向けな短篇集で、未熟なオイラには早すぎたようです。「前進、もしくは前進のように思われるもの」「じゃこじゃこのビスケット」「熱帯夜」「煙草配りガール」「溝」「こまつま」「洋一もこられればよかったのにね」「住宅地」「どこでもない場所」「手」「号泣する準備はできていた」「そこなう」の全12篇は、同じ主題のバリエーションにも感じられ、同一の女優で撮りわけるイメージで読むと良かったのかもしれません。第130回直木賞受賞作。
読了日:09月14日 著者:江國 香織
藤村真理 恋愛女子短編集 (集英社文庫 ふ 17-13)藤村真理 恋愛女子短編集 (集英社文庫 ふ 17-13)感想
世の中怖い人はいっぱいいるけどさー何が怖いって 話が通じない奴が一番こわいんだよ……。(0の女) | 人生には避けて通れない道ってもんだあるんだ。 会いたくない人でも会わなきゃならない運命の時がある。(-の女) | 辛いことは 忘れていかないと 生きて行けなくなる からかなぁ……(あなたに似たひと) ∥ 「0の女-ゼロのおんな-」「Sの女-エスのおんな-」「噂の女-うわさのおんな-」「-の女-マイナスのおんな-」の”女シリーズ”4篇と「あなたに似たひと」「タンポポの胞子」の計6篇を収録
読了日:09月16日 著者:藤村 真理
凍える牙 (新潮文庫)凍える牙 (新潮文庫)感想
ただ、悲しむためだけ、傷つくためだけかもしれないけど、でも、生きてる――。 ―― 深夜のファミレスで突然炎上し焼死した男に残された獣の咬傷。やがて、同じ獣による咬殺事件が続発し…、第115回直木賞受賞の警察小説。男社会の警察を舞台に、女性刑事・音道貴子が直面するミソジニーとの孤独な闘いが描かれています。相棒となった中年の男性刑事・滝沢保の視点での描写もよかったです。物語の山場でもある、ウルフドックと音道の疾走シーンは、犬への憧憬が強すぎてオイラには興醒めでしたが、リーダビリティの高いサスペンスでした。
読了日:09月22日 著者:乃南 アサ
ポケモン空想科学読本3ポケモン空想科学読本3感想
ポケモンの能力や特徴について科学的に考察する、『ポケ空』シリーズ第3弾。扱われているポケモンは、ゲッコウガ、アシマリ、モクロー、ニャビー、コイキング&ギャラドス、ライコウ、ニョロポン、ダグトリオ、レントラー、クロバット、ドガース、メロエッタ、サンダース、ズルック、ボルケニオン、ラッタ、ハガネール、オニゴーリ、バネブー。サワムラー&エビワラー、アーボック、テッポウオ、ツタージャ、エンテイ、カメテテ、レアコイル、スイクン、ワカシャモ、ダークライ、ヘルガー、ダーテング、レシラム&ゼクロムの35体+α。
読了日:09月23日 著者:柳田理科雄
サイコドクター楷恭介(1) (講談社漫画文庫)サイコドクター楷恭介(1) (講談社漫画文庫)感想
心理学者で カウンセラーの 楷恭介と 言います なにか心の迷いを 感じたら いつでも 俺を訪ねてください | あなたの心を 覗かせて ください ∥ 『ヒステリー球』『多重人格障害』『相貌喪失』『ドッペルゲンガー』
読了日:09月24日 著者:オキモト・シュウ

読書メーター
posted by 千木良 at 00:00| Comment(0) | 読書記録(まとめ) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください