2017年10月28日

海の底(有川浩)


「見届けろ。あの苦闘の上に自衛隊が出動することを胸に刻め」 (p330)

 「自衛隊三部作」完結篇。横須賀を巨大ザリガニ群が襲う中、米軍基地内に残された海上自衛隊の潜水艦に立てこもる隊員と子ども計15人の非日常と、巨大ザリガニ駆逐を目的に自衛隊を軍事出動させるためのシミュレートという2軸で成り立つ大人ライトノベル。登場するのキャラ達に「図書館戦争」の原型をみた感じがしました。前提となる大きなウソと、それ以外をリアルでかためる著者の小説作法が定着した作品となるそうです。前日譚となる番外編「海の底・前夜祭」も収録。

海の底 (角川文庫)

海の底 (角川文庫)

  • 作者:有川 浩
  • 出版社:角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2009-04-25


【自衛隊三部作】





【単行本】


ラベル:有川浩 大森望
posted by 千木良 at 23:00| Comment(0) | 読書記録|93日本文学小説・物語 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください