2018年01月27日

3時のアっコちゃん(柚木麻子)


でも私は、それでも暗闇に青い光をともす仕事がしたいのよ。 (p106)

結局、自分の人生最大の不幸も、通りすがりの誰かにとってはおかしくて笑える一ページなのだ。 (p198)

 読めば元気になるビタミン小説、シリーズ第2弾。“アッコさん”こと黒川敦子女史が確りと登場する前半2話と、カメオ出演となる後半2話で構成する連作短篇集。



【シリーズ本】




ラベル:柚木麻子
posted by 千木良 at 23:00| Comment(0) | 読書記録|93日本文学小説・物語 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください