2018年03月12日

なりたい(畠中恵)


時は皆の上を過ぎる。それと一緒に、変わって行くことがあるんだな。 (p198)

また、商人になりたいと思います。そして、一所懸命頑張って、こうして皆と集まれる場所を、作れたらと思うんです (p345)

 シリーズ第14弾。序と終で描かれる神々との問答は、前作同様、外伝『えどさがし』に繋がるような話でしたが、作品全体としては「〇〇になりたい」でまとめた、日常のほのぼの系です。願いをめぐる5つの物語からなる短篇集。

なりたい (新潮文庫)

なりたい (新潮文庫)

  • 作者:畠中 恵
  • 出版社:新潮社
  • 発売日: 2017-11-29

ラベル:畠中恵 東雅夫
posted by 千木良 at 23:00| Comment(0) | 読書記録|93日本文学小説・物語 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください