2019年04月11日

おおあたり(畠中恵)


困った時に、都合の良い話が湧いて出たら、一度、落ちついて考えなくては駄目なのだ。(p175)
 (はてはて)

穴に落っこちてもいいから、突き進んでみたい時もあるんだ。 (p282)
 (暁を覚えず)

 シリーズ第15弾は「大当たり」を共通のテーマとした5篇からなる短篇集。回想話もあるものの、前作同様の日常のほのぼの系。
 巻末には、榮太樓総本舗6代目当主の細田安兵衛さんとの対談[畠中さん、日本橋の大だんな」に会いに行く]も収録。


おおあたり

おおあたり

  • 作者:畠中 恵
  • 出版社:新潮社
  • 発売日: 2018年11月28日


【単行本】


posted by 千木良 at 23:00| Comment(0) | 読書記録|93日本文学小説・物語 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください