2020年08月11日

まほろ駅前多田便利軒(三浦しをん)

「その人間の本質って、たいがい第一印象どおりのものでしょう。親しくなったら、そのぶん相手をよく知ることができる、というわけでもない。ひとは、言葉や態度でいくらでも自分を装う生き物だからね」 (p48)
「だれかに必要とされるってことは、だれかの希望になるってことだ」 (p105)
「いくら期待しても、おまえの親が、おまえの望む形で愛してくれることはないだろう」
 …―… 
「だけど、まだだれかを愛するチャンスはある。与えられなかったものを、今度はちゃんと望んだ形で、あまえは新しくだれかに与えることができるんだ。そのチャンスは残されてる」 (p163)
愛情というのは与えるものではなく、愛したいと感じる気持ちを、相手からもらうことをいうのだ (p196)
不幸だけど満足ってことはあっても、後悔しながら幸福だということはないと思う。 (p288)

 東京のはずれ「まほろ市」を舞台に。まほろ駅前で便利屋を営む多田と、そこに転がり込んだ同級生・行天の二人が関わる依頼にみえる様々な人間関係を軽やかに、でもテーマは重めかな。印象的な言葉がちりばめられた作品でした。映画は見てないが、瑛太さんと松田龍平さんで脳内再生されていました、テレコだったけど。第135回直木賞受賞作。


posted by 千木良 at 23:00| Comment(0) | 読書記録|93日本文学小説・物語 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください