2017年08月01日

2017年7月の読書メーターまとめ

7月の読書メーター
読んだ本の数:23
読んだページ数:5119
ナイス数:116

赤いくつ [?] by 角田 光代; 網中 いづる [−] by赤いくつ [?] by 角田 光代; 網中 いづる [−] by感想
その赤いくつで、踊り続けろ。おまえが青ざめて、冷たくなるまで! ―― ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:07月03日 著者:
黄昏の岸 暁の天 十二国記 (新潮文庫)黄昏の岸 暁の天 十二国記 (新潮文庫)感想
「天にとって――王は――私たちは一体、何なのです!?」 ―― 講談社X文庫ホワイトハート版既読につき再読。現時点での《完全版》最終作は、「魔性の子」と表裏のなす物語。消えた泰麒を捜すため動き出した各国の王と麒麟たちの前に開かるのは天の摂理。「十二国記」という世界のシステムを構築した小野主上の凄さに脱帽するしかありませんでした。戴国主が行方不明のままの完結に、新作として書き下ろされるはずの長編で続きが描かれることを心待ちにしたいと思います。 ―― 人は自らを救うしかない、ということなんだ
読了日:07月03日 著者:小野 不由美
トトンぎつねトトンぎつね感想
トトン トトン トトン…… ―― ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:07月04日 著者:今江 祥智
ラプンツェルラプンツェル感想
「さては、おまえのお腹にはこどもがいるな?! 父親は誰だ? よくも私を騙したな!!!」 ―― KHM12。縦開き絵本。ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:07月05日 著者:内田也哉子 水口理恵子
白ぶたピイ (おはなしのたからばこ28 ミニ)白ぶたピイ (おはなしのたからばこ28 ミニ)感想
このさかなたちは、はだかのままで生きている! このかたち、このすがたにはむだがない。 ―― ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:07月06日 著者:今江祥智 国松エリカ
猫とねずみのともぐらし猫とねずみのともぐらし感想
はやく魔法がとけるといいですね。いつとけるかはわかりませんけれども。 ―― ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:07月08日 著者:町田 康
ギャラリーフェイク (Number.009) (小学館文庫)ギャラリーフェイク (Number.009) (小学館文庫)感想
しょせん人間とて神様の複製――不完全な偽物じゃありませんか?(贋作王・バスティアーニ) | ジッポーにはね、使う人贈る人、ひとりひとりの思い入れがこもるんだ。 だから、数多くのデザインがあっていいんだよ。(梅雨晴れの日に…) |自分の職業に、誇りを持って打ち込んでいる人間ほど… この世でかえがたく美しいものはない……(メトロポリタンの一夜)
読了日:07月08日 著者:細野 不二彦
くぎのスープ―スウェーデン民話 (おはなしのたからばこ25 ミニ)くぎのスープ―スウェーデン民話 (おはなしのたからばこ25 ミニ)感想
くぎ1ぽんで、おうさまにだしてもはずかしくない、うまいスープがつくれるとしり、おばあさんはこころのそこからよろこびました。 ―― ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:07月09日 著者:菱木 晃子 スズキ コージ
新訳 メアリと魔女の花 (角川つばさ文庫)新訳 メアリと魔女の花 (角川つばさ文庫)感想
正々堂々と戦わなくちゃ。世の中って、そういうものよ。 ―― スタジオポノック第1回長編作品となる米林宏昌監督の同名映画の原作。原題は「THE LITTLE BROOMSTICK」。何の取り柄もない女の子が、「魔女の花」の力を受けて一夜限りの冒険を繰り広げる物語。「ハリー・ポッター」を想起させる(こちらの方が、はるか以前の作品ですが)魔法学校の描写や設定が楽しかったです。「魔法のほうき」の広告を紹介した「著者あとがき」も愉快でした。
読了日:07月09日 著者:メアリー・スチュアート
ねずみじょうどねずみじょうど感想
「ねずみ浄土に 猫さえ来ねば この世は極楽 やっしっし やっしっし」 ―― ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:07月10日 著者:株式会社フェリシモ
ポケットに砂と雪 (おはなしのたからばこ30 ミニ)ポケットに砂と雪 (おはなしのたからばこ30 ミニ)感想
左のポケットにはチューインガムが入っています。 ―― ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:07月11日 著者:和田誠
ブルンガ1世 (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)ブルンガ1世 (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)感想
わいの思い どおりのものを つくりよった!! あれでこそ 悪魔が人間に つくらせた 動物や!! …―… わいら悪魔は それをねごうとったん や!! 悪魔自身が つくったもんは神さん が つこうてくれん だから人間どもに じぶんからつくらせ たんや!! | 悪魔ノ 怪獣ッテ カッコヨク ナイ? 人間ガ信ジル神ニ 挑戦シテ 世界ヲ ホロボスタメニ生マレタ ブルンガ一世ョ!! ∥ 夏目房之介さんの解説によれば、手塚先生本人があとがきに“内容は支離滅裂”と書いたほどの手塚“最大のスランプ期”の一作。
読了日:07月12日 著者:手塚 治虫
そうだったのか!古事記 (文庫ぎんが堂)そうだったのか!古事記 (文庫ぎんが堂)感想
官能作家による古事記の解説本。古事記の上中下つ巻を、現代っ子の秘書に語り聞かせる形式で簡潔に解説しているので、「違う。外国なんぞはいざ知らず、我が日の本の国に奴隷制度はない。天皇の御偉勲を思い、民が自主的に働いたのだ。だから天皇は貴く、日本は世界でいちばん優れた国なんだよ」っていう感じがイデオロギ的に無理でなければ、比較的分かりやすい内容です。残念ながら“官能作家”に惹かれて読むほどの性的表現は含まれていませんのでご注意を。底本は、武田祐吉先生の角川文庫版と倉野憲司先生の岩波文庫版とのこと。
読了日:07月13日 著者:睦月 影郎
【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』優秀賞受賞作】 縁見屋の娘 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』優秀賞受賞作】 縁見屋の娘 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
縁見屋の娘は祟りつきや。せやさかい二十六の年に死ぬ。 ―― 非ミステリながら第15回『このミステリーがすごい!』大賞で優秀賞を受賞した時代小説。江戸時代の京を舞台に、口入屋「縁見屋」4代にわたる呪縛の元凶を解く伝奇もの。天明の大火を舞台にしたスペクタクルも充分に愉しめました。 ―― あなたの心にその想いがある限り、私はその道を辿ってあなたの許へ戻れます。
読了日:07月15日 著者:三好 昌子
まんが このミステリーが面白い! 浅田次郎ミステリー傑作選 (ぶんか社コミック文庫)まんが このミステリーが面白い! 浅田次郎ミステリー傑作選 (ぶんか社コミック文庫)感想
わたしね 幸せって 寂しくないこと だと思うの(獬―Xie―) ∥ 浅田次郎でミステリー??と思ったら、やはりというべきかファンタジー色の強い人情噺でした。橋本多佳子さん作画「月のしずく」、安武わたるさん作画「見知らぬ妻へ」「ふくちゃんのジャック・ナイフ」、篠崎佳久子さん作画「獬―Xie―」「うらぼんえ」、わたなべまさこさん作画「うたかた」、つじいもとこさん作画「金の鎖」、JETさん作画「花や今宵」の8編を収録
読了日:07月16日 著者:浅田 次郎,橋本 多佳子,安武 わたる,篠崎 佳久子,わたなべ まさこ,つじい もとこ,JET
GOSICKs IV ゴシックエス・冬のサクリファイス (角川文庫)GOSICKs IV ゴシックエス・冬のサクリファイス (角川文庫)感想
我々は終わりゆく巨大な世界、ヨーロッパにいるのだ。歴史のきまぐれに翻弄され、神々の黄昏の時に居合わせたに過ぎない。終末を告げる喇叭の音がいまにも聞こえるようだ ―― クリスマス前日の“リビング・チェス大会”、嵐の前の静けさと言うべき平穏な冬の一日を描く、シリーズ第4短編集。グレヴィールの初恋やヴィクトリカの出生など、それぞれの“秘密”が明かされ、物語はいよいよ「2度目の嵐」へ。
読了日:07月17日 著者:桜庭 一樹
天久鷹央の推理カルテ (新潮文庫nex)天久鷹央の推理カルテ (新潮文庫nex)感想
小さな頭に膨大な知識と無限の好奇心をつめこんだ彼女は、常にその高性能の脳を使う機会を欲している。 ―― 日本内科学会認定医の著者による、地域総合病院の統括診断部を舞台にしたメディカル・ミステリー。博覧強記の診断医・女医の天久鷹央を探偵役に据え、素人にも予測しやすい症例を中心としたライトなキャラミステリで読み易かったです。シリーズ第1作なので、なぜ"鷹央"なのかとか、ワトソン役の小鳥遊優(♂)が外科から内科に移った訳とか、謎を散りばめたままの終了で、次巻以降も読みたくなる作品でした。
読了日:07月20日 著者:知念 実希人
決定版 鬼平犯科帳 (2) (文春文庫)決定版 鬼平犯科帳 (2) (文春文庫)感想
人間と、それを取り巻く社会の仕組みのいっさいが不条理の反復、交錯である ―― 決定版の第2巻。兎忠こと木村忠吾が事件を手繰りよせる「谷中・いろは茶屋」「お雪の乳房」や、実在の盗賊をモデルとした「妖盗葵小僧」のほか、「蛇の目」「女掏摸お富」「密偵」「埋蔵金千両」の計7篇を収録。 ―― 「人間という生きものは、悪いことをしながら善いこともするし、人にきらわれることをしながら、いつもいつも人に好かれたいとおもっている……」
読了日:07月21日 著者:池波 正太郎
学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方 (角川文庫)学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方 (角川文庫)感想
大学でも教鞭を取る芸人サンキュータツオさんが、国語辞書収集家として著した辞書ガイド。巻頭のオススメ辞書占いによれば、オイラにぴったりの一冊は『新潮現代国語辞典』になるようだ。メディアでの著者の話芸としての辞書語りが面白かったので期待していたのだが、文章に起こすとそれ程でも、な内容に感じてしまいました。とはいえ著者の辞書愛は伝わってきます。オススメとして紹介されている辞書としては、『ベネッセ表現読解国語辞典』が「欲しい!」と思える一冊でした。
読了日:07月23日 著者:サンキュータツオ
大人も子どもも 読んで、聞かせて、楽しんで 日本の神様のお話 上大人も子どもも 読んで、聞かせて、楽しんで 日本の神様のお話 上感想
古事記・日本書紀12編のほか各地の神話・風土記が8編、アイヌの神話6編を収録。巻末には神様紹介と用語解説も掲載。ムスメらに就寝前の読み聞かせ。
読了日:07月24日 著者:
桜の森の満開の下・夜長姫と耳男―コミック版 (MANGA BUNGOシリーズ)桜の森の満開の下・夜長姫と耳男―コミック版 (MANGA BUNGOシリーズ)感想
桜の森の満開の下の 秘密は誰にも 分かりません あるいは 「孤独」というもので あったかもしれません(桜の森の満開の下) | い…いい…? ……耳男…… 好きなものは 呪うか殺すか争うか しなければならない のよ……(夜長姫と耳男)
読了日:07月28日 著者:坂口 安吾,萩原 玲二,タナカ コージ
薔薇十字叢書 ようかい菓子舗京極堂 (講談社X文庫)薔薇十字叢書 ようかい菓子舗京極堂 (講談社X文庫)感想
あなたが優しくって、私じゃないだれかが、それに気がついてくださるの、すごく幸せです。あなたは人が好きな、優しい方だから ―― 「百鬼夜行」公式シェアード・ワールド〈薔薇十字叢書〉刊行7冊目。6冊目の読了。ほのぼのとした日常を描く"同人本"。内容紹介では「短編ミステリ集」となっていますが、非ミステリです。物語進行上のアイテムとなる「ようかい和菓子」をもう少し活かして、多少なりとも日常系の謎解きがあると良かったのですがね。5種類の「ようかい和菓子」のレシピも掲載されています。
読了日:07月28日 著者:葵居 ゆゆ,双葉 はづき
本棚探偵 最後の挨拶 (双葉文庫)本棚探偵 最後の挨拶 (双葉文庫)感想
集めたコレクションは、単に今、預かっているだけ、僕のものであって僕のものでなし。 ―― 本棚探偵シリーズ第4弾は、完結!?かもの「最後の挨拶」。「ゴジラ対キングギドラ」に始まる、日下邸恒例の年末大片付けは相変わらずの面白さ。積読本が千冊を超えた程度で悩む己の小ささを感じると共に、まだまだ買っても大丈夫という安心感を与えてくれます。第68回日本推理作家協会賞受賞で有終の美といわず、続巻として『事件簿』があることを期待したいですね。
読了日:07月29日 著者:喜国 雅彦

読書メーター
posted by 千木良 at 00:00| Comment(0) | 読書記録(まとめ) | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

2017年6月の読書メーターまとめ【comics only】

6月の読書メーター
読んだ本の数:32
読んだページ数:6287
ナイス数:117

お日さまとお月さま (花とゆめCOMICS)お日さまとお月さま (花とゆめCOMICS)感想
いろいろ 問題はあっても うれしいなぁ 楽しいなぁって 思える事は 悪い事じゃない 正しい事なんだって そう思いませんか?(お日さまとお月さま) ∥ 一清&千沙姫シリーズ④、「お日さまとお月さま」「名前を呼ぶ声」「賭けの行方」を収録
読了日:06月01日 著者:柳原 望
1/10のないしょ話 (花とゆめCOMICS)1/10のないしょ話 (花とゆめCOMICS)感想
弱ェ奴は 強ェ奴の運命に 巻き込まれる 死ぬのも 生きるのも そいつの運次第 そーゆー もんだろう?(言の葉の種) | 外へ出る言葉が すべてでは ありませんから 言いそびれた言葉を 見つけられるように いつもそう 思ってますわ(言いそびれた言葉) ∥ 一清&千沙姫シリーズ⑤、「1/10のないしょ話」「言の葉の種」「言いそびれた言葉」「ほほえんだ瞳」を収録
読了日:06月02日 著者:柳原 望
お伽話がきこえる 第1巻 (花とゆめCOMICS)お伽話がきこえる 第1巻 (花とゆめCOMICS)感想
怒りで 人を諫める 力も 力で人を 圧倒する事も できないから だから 微笑うんだ 怒ったら 負けだと思ってる ∥ 一清&千沙姫シリーズ⑥、これまでのあらすじ現代版「Post Script すぺしゃる」も特別収録
読了日:06月03日 著者:柳原 望
お伽話がきこえる2(2)お伽話がきこえる2(2)感想
男のいいわけは 女がしてやる ものなんですよ | あなたは まず笑うんですね 何よりも先に | 思いを 実現する為に 大人になるんです 大人になる為に 思いを殺すんじゃ ないんです ∥ 一清&千沙姫シリーズ⑥、番外編「高貴なる人生」、書き下ろし「今日も明日も明後日も」も収録
読了日:06月04日 著者:柳原 望
お伽話がきこえる 3 (3)お伽話がきこえる 3 (3)感想
前例は 作るものよっ はじめがなけりゃ 次はないわっ | 力という… そんな方法しか 見つけられない程 幼く ありたくないと そう 思います ∥ 一清&千沙姫シリーズ⑥、大感動の最終巻!!
読了日:06月04日 著者:柳原 望
高台家の人々 6 (マーガレットコミックス)高台家の人々 6 (マーガレットコミックス)感想
好きな人が 人の心の読める テレパスだったら どうする? 付き合える? ∥ 番外編「The Bat Princess ~こうもり姫~ 」も収録。不可思議ラブコメディ完結巻! 
読了日:06月05日 著者:森本 梢子
カノジョは嘘を愛しすぎてる 22 (Cheeseフラワーコミックス)カノジョは嘘を愛しすぎてる 22 (Cheeseフラワーコミックス)感想
女ってのは 大変だな… 若さや美貌が 自分の価値だと 思い込まされ てるから 自信を失うと セックスで確認 しようとする 仕事が 落ち目になった 女は 必ず どこの馬の骨か わからねぇ男に 手当たり次第に 乗らせんだよな… | とっくに CRUDE PLAYは 5人のバンドに なってたのに 4人で やろうとするから おかしくなってたんだって やっと 気付いたんだ | 嘘ばかりつく僕のことを カノジョは「正直な人だ」って言うんだ。 愛してるって言うんだ。 ∥ 遂に完結
読了日:06月06日 著者:青木 琴美
花のち晴れ ~花男 Next Season~ 6 (ジャンプコミックス)花のち晴れ ~花男 Next Season~ 6 (ジャンプコミックス)感想
合ってよーが はずれてよーが 好きな女の 言うこと 信じなくて どーすんだよ | 俺が 終わらせた 時 終わりに するって 決めた
読了日:06月07日 著者:神尾 葉子
おちくぼ 3 (花とゆめCOMICS)おちくぼ 3 (花とゆめCOMICS)感想
では 姫さまは 少将さまが 姫さまを このお邸から 救い出して くださったなら 少将さまの お気持ちに お応えされるの でしょうか! | あの娘には 結婚など させるものか この邸で 縫い物をして 一生を 終わらせるのが あの子には 似合いなの だからね!!
読了日:06月08日 著者:山内直実
風光る 40 (フラワーコミックス)風光る 40 (フラワーコミックス)感想
この男の 神憑り的な 機敏さは 〝天恵〟と言うより むしろ〝悲劇〟に近い 即ち 常に誰の〝同情〟も 得る事ができない のである | 武士の仕事は 死ぬ事だ 故にこそただの一人も 無駄死にはさせない ∥ 慶応4年1月(1868年2月)~慶応4年正月末(1868年2月中旬)
読了日:06月09日 著者:渡辺 多恵子
ママはテンパリスト 2ママはテンパリスト 2感想
排泄のリズムや サインを 見きわめてトイレに 誘えっつったってなァ 微動だにせず 前川 清の直立不動状態で 突如もらす ごっちゃんには 通用しねえよ そんなの
読了日:06月10日 著者:東村 アキコ
ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)感想
生態系を 守る――とは少々 おごっていたな 最初から 迷宮の輪の中に わしらは 組み込まれて いたのだ | 見返りは いらないとか 抜かす奴が この世じゃ 最も信用 ならないの ∥ 魚介フェスティバル!な今巻に掲載されているレシピは「そのへんに落ちてた大麦の雑炊」「ジャイアントクラーケンについてたジャイアント寄生虫の蒲焼き&白焼き」「水棲馬の焼き肉」「テンタクルスの酢和え」「ウンディーネで煮込んだテンタクルスと水棲馬のシチュー」「テンタクルスのニョッキ」
読了日:06月11日 著者:九井 諒子
海街diary 8 恋と巡礼 (フラワーコミックス)海街diary 8 恋と巡礼 (フラワーコミックス)感想
夏が 来るんだ みんなとすごす 最後の夏が | 好きだった ものを普通に 好きだって 言えるように なって もらいたいの | みんな 同じ 新しいことを 始める時は 誰だって不安で ざわざわする | 人づきあいでも なんでもしっくり くるものは きっとご縁が あったから そうでない ものは 気に入らないと 思わず ご縁が なかったと 思いなさいって | 言葉は 時に思わぬ 力を持つ 時には怒りや 不安を予感させ ある時は 月のように 闇を照らす 光になる | 満月の夜は いろんなことが 起こるんや
読了日:06月12日 著者:吉田 秋生
ママはテンパリスト 3ママはテンパリスト 3感想
「東京鬼図鑑」 みたいのを 出したら売れねェかな… ∥ 「実録!!ゴッド=チャン」併録。「あとがき」には「花組 専科 麦一穂」のフォトも掲載されています。
読了日:06月13日 著者:東村 アキコ
アルテ 1 (ゼノンコミックス)アルテ 1 (ゼノンコミックス)感想
私にとって職人になるっていうのは…… 目標じゃなくて手段なんです 女が一人で生きていくのが どんなに大変か分かってる… だけど どうしようもなく怒りがわいてきて それが私をつき動かすんです どこかでのたれ死ぬかもしれなくても 工房で学んで 自分自身の力で生きられる道を目指したいんです | あの娘が前を向いて凛と立ち続けていられれば 私以外にもその魅力に気付く男は必ず現れるさ | 私たちみたいに男の庇護の外で生きようとしてる女にとって 溺れるような恋は地獄への入口よ アルテ
読了日:06月14日 著者:大久保圭
アルテ 2 (ゼノンコミックス)アルテ 2 (ゼノンコミックス)感想
もし夢を 叶えたいと思うなら 女であることや 恋に甘えて よそ見を してはダメよ この世界は 女にとって非情で… 一寸先は… 闇なのよ | 私は優しくして 欲しいんじゃ ないんです 厳しくして 欲しいんです その方が やりがいがあるし 何か達成する たびに 自分が成長する 気がして… それが いいんです | 現状に不満が あるなら何か してみなきゃ…
読了日:06月15日 著者:大久保 圭
アルテ 3 (ゼノンコミックス)アルテ 3 (ゼノンコミックス)感想
高い対価に 見合った満足を 与えられるのだという 自信を持ちなさい そして そういう 仕事をしなさい | 優しいなんて とんでもない 努力しない 奴らには 何もしてやる気が 無かったんだ
読了日:06月16日 著者:大久保圭
アルテ 4 (ゼノンコミックス)アルテ 4 (ゼノンコミックス)感想
ヴェロニカ さんと 話してると いけない事を してる気に なるのは 何故だろう? | 一度工房を 出たら… もう二度と 受け入れては もらえないでしょうか? ∥ 特別編「アルテの一日」も収録
読了日:06月17日 著者:大久保圭
アルテ 5 (ゼノンコミックス)アルテ 5 (ゼノンコミックス)感想
とにかく 今までの通りの 自分で頑張るしか ないんだわ | 私の晩餐に 招待されない? | 食べ物ひとつ とっても… 貴族は自分より 貧乏な人たちと 差を求めるわ …―… それは意味の あること? 何のために 他の人たちと 差をつけたがる の? ここにいる 人達と自分達が 違うということを 示したくて しょうがないのね
読了日:06月18日 著者:大久保圭
アルスラーン戦記(6) (講談社コミックス)アルスラーン戦記(6) (講談社コミックス)感想
たとえ パルス王家の血を 引かぬ者であっても 善政を行って 民の支持を受ければ 立派な国王だ!! それ以外に 何の資格が必要と 仰るのか!? | 戦うにあたって 注意すべき 三つの理を そこで 学ばなかったか?  「天の時」 「地の利」 「人の和」のことだ | 名馬を 乗りこなす騎手は 名馬と同じくらい 速く走らねば ならぬものだろうか?
読了日:06月19日 著者:荒川 弘
キングダム 35 (ヤングジャンプコミックス)キングダム 35 (ヤングジャンプコミックス)感想
貴様が奴の〝剣〟にして 〝盾〟であることを 忘れるな | 世に言う「正義」とは その人柄に宿る のではなく 勝った者に 宿るのだ ∥ 屯留反乱編(成蟜反乱編)決着!
読了日:06月20日 著者:原 泰久
キングダム 36 (ヤングジャンプコミックス)キングダム 36 (ヤングジャンプコミックス)感想
お前に とって 河了貂は どういう 存在なんだ? | 貴様にとって 信とは何者か 貴様は 心の奥底で 奴に何を求めている | これから秦軍の武威の一角を 担うべき若き才能達が 傑物 呉鳳明に挑み その力と名を中華に 響かせる戦いだととらえている | ひょっとしたら この戦いが 〝第一歩〟なのかもな
読了日:06月21日 著者:原 泰久
キングダム 37 (ヤングジャンプコミックス)キングダム 37 (ヤングジャンプコミックス)感想
大いなる勝利を 手にし続けねば… 中華に名を刻む 大将軍には決して届かぬ …―… 〝王〟家の正統な 後継ぎとしての この王賁の 責務だ | 戦国七雄 かつて百を超えた国々が 七つの大国に収まって 二百余年 いよいよ その均衡が 崩れる時が近付いている | 太后様と 嫪毐様が 「太原」に入られ いっ… 一昨日より……… 太原一帯を 『毐国』とすると 宣言されましたァ!! ∥ 魏火龍編決着!
読了日:06月22日 著者:原 泰久
キングダム 38 (ヤングジャンプコミックス)キングダム 38 (ヤングジャンプコミックス)感想
将軍のすぐ一つ下の 五千人将の目を通してこそ 将軍の存在がいかなるものか より見えてくる | 改めて 今ここに 第三十一代秦国大王様が 降臨されたのである!! | 反乱軍を止める軍は すでに向かって来ているのだ
読了日:06月23日 著者:原 泰久
ギャラリーフェイク (1) (ビッグコミックス)ギャラリーフェイク (1) (ビッグコミックス)感想
芸術はその美を知り、 かつ独占する能力を持った者のものさ!(贋作画廊) | 〝手は一番身近にある彫刻家のモデルだ〟(触角の絆)
読了日:06月24日 著者:細野 不二彦
ギャラリーフェイク (2) (ビッグコミックス)ギャラリーフェイク (2) (ビッグコミックス)感想
フェルメールは、史上初めてカメラマンの眼をもった画家だとオレは考えてるんス。(ターバンの女) | ダッテさらハ、今ノママノフジダノホウガ好キダモン!! めとろぽりたんジャナクテ、ぎゃらりーふぇいくノフジタノホウガ!!(混沌の国にて) | 芸術家たちの歴史は、同時に、悲惨、狂気、孤独、理不尽の人生の積み重ねだ!! いや、それゆえに彼らの絵筆には神が宿り、この世ならぬ美の世界をつむぎ出せたのかもしれない!!(火難アリ)
読了日:06月25日 著者:細野 不二彦
ギャラリーフェイク (3) (ビッグコミックス)ギャラリーフェイク (3) (ビッグコミックス)感想
生身の美神たるあなたにも、時として不完全であってほしいんですがねえ――(林檎を持つ女神) | どんな器であれ、花であれ、人であれ、一期一会の出会いに美しさを見出す! それこそ茶の湯の心じゃないですか!(国宝の守り人)
読了日:06月26日 著者:細野 不二彦
ギャラリーフェイク (4) (ビッグコミックス)ギャラリーフェイク (4) (ビッグコミックス)感想
当時も今も無名に近いが、ある偶然が彼の名を歴史に刻んだ。 ロシアの大作曲家、ムソルグスキーにインスピレーションを与えた画家として!(『展覧会の絵』を追え!) | あらゆる芸術家にとって旧作のすべてを否定することは、とても勇気のいることでしょう。 キリコも結局、20台の作品を超えられなかったのかもしれない。 けれど生涯これに挑み続けることで彼は画家として…… 表現者としての業をまっとうしたんだわ!!(迷宮のキリコ)
読了日:06月27日 著者:細野 不二彦
ギャラリーフェイク (5) (ビッグコミックス)ギャラリーフェイク (5) (ビッグコミックス)感想
まったくバカな女だよ、おまえさんは……(ペルシャの秘宝) | 役者は己のすべてを面に込める! 数々の舞台を経るうちに、面は生命を得るのです!(『道成寺の怪』)
読了日:06月28日 著者:細野 不二彦
信長のシェフ 11 (芳文社コミックス)信長のシェフ 11 (芳文社コミックス)感想
これから しばらく後に 太平の世が 参ります 二百六十年と続く 戦のない 太平の世に ございます その礎を築くのは 茶々 初 江 浅井の血を引く 三人の娘御にございます どうか 心安らかに お逝き下さい ますよう―― ∥ 戦国めしRecipeは「鰹のフュメ、サラダ仕立て」と「ドライフルーツのせブレッド・プティング」 ∥ 天正元年 ∥ 本巻より原作者の西村ミツルさんの立場が料理監修者に変更に
読了日:06月29日 著者:梶川 卓郎
信長のシェフ 12 (芳文社コミックス)信長のシェフ 12 (芳文社コミックス)感想
外交の場において 料理は一つの武器と なりうるのです | 料理で人を 欺かない それは料理人の 魂です | じゃあ何か お前は! あの くるおしいまでの 郷愁も! 絶望も! 恐怖も! 孤独も! 何も 感じず! ただそこに在る者として 生きられるんだ 本っっ当に お前は 憎らしいよ | 「場を壊さぬ」 これが本当の 大人のあり方ぞ ∥ 戦国めしRecipeは「龍井蝦仁」 ∥ 天正元年~2年 ∥ 第105話から料理協力として中澤雅子さんがクレジットされています。
読了日:06月30日 著者:梶川卓郎
信長のシェフ 13 (芳文社コミックス)信長のシェフ 13 (芳文社コミックス)感想
武田家家臣は 勝ち続けられる 主を選ぶ けれど大お館様… それ以上に あなた様のように 命を懸ける程の 主を 求めているのです | おぬしの眼は 戦う者の それではない まるで… 沼に沈みゆく 蛙のように 矮小だ | お館様の「必ず」には いつも何かしらの 意図があります ∥ 戦国めしRecipeは「ケン謹製オイスターソース」 ∥ 天正2年1月~3月28日 ∥ この巻(前巻第105話)から西村ミツルさんの名前がなくなりました。西洋料理を禁じたのは顕如ではないのかもしれませんね。
読了日:06月30日 著者:梶川卓郎

読書メーター

posted by 千木良 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(まとめ) | 更新情報をチェックする

2017年6月の読書メーターまとめ

6月の読書メーター
読んだ本の数:33
読んだページ数:3991
ナイス数:121

浜村渚の計算ノート 7さつめ 悪魔とポタージュスープ (講談社文庫)浜村渚の計算ノート 7さつめ 悪魔とポタージュスープ (講談社文庫)感想
アポロニウスの窓には、数学好きの女子にとっての永遠のときめきがあるんです ―― マイナスのかけ算と『デロスの問題』の『立方体倍積問題」に触れる「深夜マイナス1」、引き続き『デロスの問題』の『円積問題』『角の三等分問題』を扱う「不可能彫刻の森」、『充填問題』が鍵を握る「プレゼントにリボンをつけて」、「1たす1はどうして2になるのか」を『ペアノの公理』で説明する「数学手本忠臣蔵」の全4編と、次作への宿題を残すおまけ「エピローグ 裁判」を収録したシリーズ第8弾。たまには「当たり前」について考えるのも良いですね。
読了日:06月01日 著者:青柳 碧人
ギャラリーフェイク (Number.008) (小学館文庫)ギャラリーフェイク (Number.008) (小学館文庫)感想
ワタシ……… インチキな今のフジタも……好きですから… そうなったら、チョットさみしいナ…(Making of the "raisonne") | 芸術とは、つきつめれば〝傲慢〟であり、〝唯我独尊〟です!(贋作紳士) | ニセモノは滅びませんよ。 …―… この世にニセモノを求める大衆のあるかぎり!(贋作紳士) | 芸術とは内面の告白である。 他人マネなど言語道断!! 徹底しておのれそのものを描くべし!!(顔のない自画像)
読了日:06月01日 著者:細野 不二彦
ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌 (電撃文庫)ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌 (電撃文庫)感想
古い本って、色々なものを抱えているような気がするんです……。 ―― 廃止寸前の旧図書室を維持するため、ビブリアバトルならぬ「ビブリオファイト」に挑む高校生を主人公にした、ビブリア古書堂の事件手帖のスピンオフ作品。「あっ、ひぁああああああああああんっ!」と艶めかしい嬌声のヒロイン・卯城野こぐちは、栞子さんの“成長前”をイメージしたキャラ造形となっています。もちろん本家のキャラも登場します。競技書評としては「若草物語」を「日常系」と解釈してプレゼンする第三話が好みでした。
読了日:06月01日 著者:峰守 ひろかず
舞姫 (ホーム社漫画文庫) (MANGA BUNGOシリーズ)舞姫 (ホーム社漫画文庫) (MANGA BUNGOシリーズ)感想
エリスの 純粋な愛と 己の将来とを 天秤にかけ 挙句 選んだのは …私は罪人だ…
読了日:06月02日 著者:藤丞 めぐる,森 鴎外
火花 (文春文庫)火花 (文春文庫)感想
生きている限り、バッドエンドはない。僕達はまだ途中だ。これから続きをやるのだ。 ―― お笑い芸人である著者のデビュー小説にして、第153回芥川賞受賞作。売れない芸人徳永が、天才肌の先輩芸人・神谷と出会い、師と仰いでから共に過ごし、別の道を歩むまでの10年の物語。第一線で活躍する著者によるリアル感は、主人公の徳永に著者をダブらせずにはいられない私小説感がありました。芥川賞受賞記念エッセイ「芥川龍之介への手紙」も収録 ―― 「気づいているか、いないかだけで、人間はみんな漫才師である」
読了日:06月04日 著者:又吉 直樹
0歳~6歳よみきかせ こころを育てるお話900歳~6歳よみきかせ こころを育てるお話90感想
「こころを育む」というテーマで、「たのしいおはなし」23話、「かなしいおはなし」16話、「こわいおはなし」17話、「あたたかいおはなし」16話、「ひととひとのおはなし」18話の計90話を収録。2013年7月発行の『おやすみまえの ちいさな ちいさな お話し90 ココロを育てるお話し』改題・新装作品。ムスメらに就寝前の読み聞かせ。
読了日:06月06日 著者:
白雪姫―グリム童話 (おはなしのたからばこ (2))白雪姫―グリム童話 (おはなしのたからばこ (2))感想
肝を塩で煮て、すっかり食べてしまいました。 ―― 荒井良二さんのイラストによる定番グリム童話(KHM53) 。ムスメに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月07日 著者:グリム,岩瀬 成子
ここはボツコニアン 3 二軍三国志 (集英社文庫)ここはボツコニアン 3 二軍三国志 (集英社文庫)感想
知識は経験を通して吸収されない限り、雑学に過ぎん ――  “ボツ”になったゲームネタが集まってできた、できそこないの世界〈ボツコニアン〉を舞台に、世界を良くするために選ばれた少年ピノと少女ピピを主人公とした“メタ”ファンタジー小説の第3弾。サブタイトルの「二軍三国志」の世界から、後半は「ホラーゲーム」のボツの市だか町だか村だかへ。宮部さんの趣味全開の世界観に、だいぶ置いていかれてしまっております…。
読了日:06月07日 著者:宮部 みゆき
ふしぎなたいこ―日本民話 (おはなしのたからばこ 4)ふしぎなたいこ―日本民話 (おはなしのたからばこ 4)感想
ひとつ約束あっぞ。自分の鼻ば伸ばしてはなんね事だ! わがったか? ―― 東北弁で語られる、縦開き絵本。ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月08日 著者:新田 新一郎
熊ちゃん (おはなしのたからばこ 3)熊ちゃん (おはなしのたからばこ 3)感想
なんでも、あとで……、だわ。ずうっとむかしからそうだったわ…… ―― ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月10日 著者:今江 祥智
遺跡発掘師は笑わない  悪路王の左手 (角川文庫)遺跡発掘師は笑わない 悪路王の左手 (角川文庫)感想
歴史を語るものは、紙の上の字だけとは限らない …―… 土に埋まってた物言わぬ物が、語ることは、たくさんある ―― 若き天才発掘師・西原無量を主人公とするシリーズ5冊目は「悪路王の右手」の後編。“復興と発掘調査のジレンマ”を語った前作に比べ、今作は、まるで2時間ドラマな展開でした。舞台は震災復興中の東北・岩手から東アジアへ、時代も平安時代にとどまらず、幕末・明治へと壮大なものとなっています。いよいよ“JK”も姿を見せ、次作への期待の高まる終幕でした。 ―― そこの男子ふたり! 距離が近い近い!
読了日:06月10日 著者:桑原 水菜
くわずにょうぼう―日本民話 (おはなしのたからばこ 5)くわずにょうぼう―日本民話 (おはなしのたからばこ 5)感想
「……み、た、わ、ねえ!」 ―― おなじみの民話ですが、物語の前後に現代のおかあさんが登場して語りかけるという斬新な構成になっています。ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月11日 著者:二宮 由紀子
ヒコーキざむらい (おはなしのたからばこ 7)ヒコーキざむらい (おはなしのたからばこ 7)感想
ほんのひとっとびさ、ヒコーキざむらいのヒマゴだろ……。 ―― ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月12日 著者:今江 祥智
カメのえんそく―イギリス民話 (おはなしのたからばこ 9)カメのえんそく―イギリス民話 (おはなしのたからばこ 9)感想
「あせらない、あせらない、お楽しみは、あとにとっておくもんだ」 ―― ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月13日 著者:新沢 としひこ
ふたりでひとり―上方落語 (おはなしのたからばこ 8)ふたりでひとり―上方落語 (おはなしのたからばこ 8)感想
「まァ、気持ち悪い。足が足で歩いて」 ―― 上方落語「胴切り」より。ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月14日 著者:桂 文我
3びきのくま―ロシア民話より (おはなしのたからばこ 11)3びきのくま―ロシア民話より (おはなしのたからばこ 11)感想
オッホルルルルルルルル あのこは だあれ ―― ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月15日 著者:工藤 有為子
すずの兵隊―アンデルセン童話 (おはなしのたからばこ 10)すずの兵隊―アンデルセン童話 (おはなしのたからばこ 10)感想
あくる朝、ストーブの灰のなかには、ハートの形をしたすずのかたまりが、ひとつ残っていたのでした。 ―― ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月16日 著者:石津 ちひろ
ひるね姫 ~知らないワタシの物語~ (角川つばさ文庫)ひるね姫 ~知らないワタシの物語~ (角川つばさ文庫)感想
「ココロにハネがあれば、人はもっと自由に空を飛べるはず」 ―― 神山健治監督による同名アニメ映画の原作小説。舞台は2020年夏の東京オリンピックの3日前。警察に逮捕された父親を助けるために倉敷から東京に向かう女子高生・森川ココネの夢と現実とが交錯する冒険と“家族の絆”の物語。夢世界の“鬼”が何であったのか判らないまま終結してしまいました。映画では描かれている部分があるのかもしれませんが未鑑賞のため何か消化不足を感じる読後感でした。
読了日:06月17日 著者:神山 健治
軍神の血脈 楠木正成秘伝 (講談社文庫)軍神の血脈 楠木正成秘伝 (講談社文庫)感想
「つまりきみは、本物の楠木正成は、湊川で死ななかったと言いたいんだな」 ―― 何者かに毒を射たれて瀕死の祖父を救うため、薬剤師の早乙女瑠璃が、元同級生で歴史作家の山本京一郎とともに、楠木正成の謎に挑むタイムリミットサスペンス。ノンシリーズものですが、《QED》などと同様に、歴史の謎解きは大変興味深かったです。ロバート・ラングドン宜しく都内を駆けずり回りますが、本題とはあまり関係がないのはご愛敬ですかね。
読了日:06月17日 著者:高田 崇史
みっけちゃん―グリム童話 (おはなしのたからばこ 12)みっけちゃん―グリム童話 (おはなしのたからばこ 12)感想
「ずっと だいすき やくそくできる? そしたら あたしも ずっと だいすき」 ―― つつみあれい版「めっけ鳥」(KHM51)。ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月18日 著者:つつみ あれい
三枚のカード―日本昔話「三枚のお札」より (おはなしのたからばこ 14)三枚のカード―日本昔話「三枚のお札」より (おはなしのたからばこ 14)感想
「三枚のお札」ならぬ「三枚のカード」を手にした少年が出会ったものは――。見返しには「三枚のお札」ダイジェストも掲載。ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月19日 著者:谷川 俊太郎
犬の目 (おはなしのたからばこ 15)犬の目 (おはなしのたからばこ 15)感想
「ええっ! 犬に目玉を食われてしもたんですか?」 ―― ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月20日 著者:桂 米平
えんじ色のカーテン: 杉原爽香〈42歳の冬〉 (光文社文庫)えんじ色のカーテン: 杉原爽香〈42歳の冬〉 (光文社文庫)感想
「本当に、私って『危ない人』なのかしら……」 ――  登場人物たちが年齢を重ねるシリーズ第28弾。今作も爽香と同年齢で読了。登場人物が一堂に会して、そしてどうなると思う間もなく場面転換、そしてサブタイトルの事件発生で物語は結末へ。最後の明夫に嫌な予感しかないままのエンディングでした。「夢色のガイドブック―杉原爽香、二十一年の軌跡」に書き下ろした短編「赤いランドセル―杉原爽香、十歳の春」も収録。 ―― 「法に触れなくても、人の道に外れることっていうのがあるの。時にはそっちの方がずっと大変なのよ」
読了日:06月20日 著者:赤川 次郎
おいしいおかゆ―グリム童話 (おはなしのたからばこ 6)おいしいおかゆ―グリム童話 (おはなしのたからばこ 6)感想
「ちいさい おなべや やめとくれ!!」 ―― KHM103。ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月21日 著者:富安 陽子
森にめぐるいのち (おはなしのたからばこ 16)森にめぐるいのち (おはなしのたからばこ 16)感想
森のいのちは、ぐるぐるまわっている。なくなってしまうものなんて、何もないのだ。 ―― ムスメに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月22日 著者:片山 令子
おいで、もんしろ蝶 (おはなしのたからばこ 17)おいで、もんしろ蝶 (おはなしのたからばこ 17)感想
「妖精というのは、もしかするとあんたのことじゃないかとおもうほどだ」 ―― ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月23日 著者:工藤 直子
きりの村 (おはなしのたからばこ 13)きりの村 (おはなしのたからばこ 13)感想
-いっしょにおらとこさ、きてくんねかな。 ―― ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月24日 著者:今江 祥智
王子さまの耳はロバの耳王子さまの耳はロバの耳感想
「どうしてわたしが笑ったり、泣いたり、あきれたりするのでしょう。やさしく、かしこく、ひとの言葉をしっかり聞ける方の前で」 ―― ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月25日 著者:岡田 淳
日本の昔話 (角川ソフィア文庫)日本の昔話 (角川ソフィア文庫)感想
全国で語り継がれる昔話106篇を収録。おなじみの「笠地蔵」のような昔話のほか、「金の斧銀の斧」など海外由来と思われる話や、よく知られた話のようで全く違う展開をみせるものなど、バラエティ豊かで面白かったです。解説によれば、昔話として採話されたもののほか、数合わせのため文献から蒐集した話もあるようです。多くの昔話には採集地と出所が記され、巻頭には採話の分布図も掲載されていますが、残念ながら地元茨城で採集された話は含まれていませんでした。ムスメに就寝前の読み聞かせ。
読了日:06月25日 著者:柳田 国男
しいちゃん (おはなしのたからばこ 18)しいちゃん (おはなしのたからばこ 18)感想
しいちゃんが十七歳になったとき、おばさんはたんぽぽの綿毛のように真っ白になって、風にのって飛んで行った。 ―― ムスメに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月26日 著者:友部 正人
児雷也がまにのって (おはなしのたからばこ 20)児雷也がまにのって (おはなしのたからばこ 20)感想
そして、毎日毎日がまの忍術の修業が始まったのです ―― ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月27日 著者:飯野 和好
絵すがた女房 : 日本民話絵すがた女房 : 日本民話感想
「なんてかわいいんだろう、うふふふふふふ」 ―― ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月28日 著者:二宮 由紀子
赤ずきん (おはなしのたからばこ)赤ずきん (おはなしのたからばこ)感想
あたい赤ずきん。スカうまれのスカ育ち。犬は飼ってるケードー、透明な犬であたいにも見えないんだ。 ―― 最終ページには(つづく)と記載されているもののの、《「おはなしのたからばこ」の「赤ずきん」は、本編をもって完結しました。》と書かれた「お知らせ」が本に挟み込まれておりました。ムスメらに就寝前の読み聞かせ
読了日:06月29日 著者:

読書メーター

posted by 千木良 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録(まとめ) | 更新情報をチェックする