2017年10月30日

名物「本屋さん」をゆく(井上理津子)


 東京都内にある得意分野がはっきりした古書店、新古書店、そしてブックバー、計60軒を紹介した本屋のガイドブック。2011~13年に「日刊ゲンダイ」に連載されたものをまとめたものです。ある時期から掲載されることが多くなった”店主のおすすめ”が興味深かったです。
 都内で活動していたのは20数年前までなので、ほとんど知らない店ばかりで、文庫が充実した店や50円本の豊富な店は、実に羨ましい限りです。


ラベル:井上理津子
posted by 千木良 at 23:00| Comment(0) | 読書記録|76諸芸・娯楽 | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

僕たちの好きなシャーロック・ホームズ(別冊宝島編集部)


 W・S・ベアリング=グールドの研究・発表による時系列順を基本に、『グロリア・スコット号』から『最後の挨拶』まで正典60編を紹介。各編にはストーリーや読みどころのほか、初出や原題といったデータ、事件現場のビジュアル・イラスト、名言なども掲載されています。その他、人物や小道具の紹介のほか、「ジェレミー・ホームズ」や『ストランド』について、コナン・ドイルの生涯、「経外典」と呼ばれるホームズ外伝、またホームズ・パロディなど、ホームズ譚をより楽しむための特集も。総監修は北原尚彦さん。


【関連作品紹介】
posted by 千木良 at 23:00| Comment(0) | 読書記録|76諸芸・娯楽 | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

誰もが一度は間違える日本語1200(エンサイクロネット)


 うっかりすると一生間違って使い続けてしまう言い回しなどが確実に存在する。だから定期的に、この手の本を読んで自己の言語力のチェックをしなくてはならないと思うのだけど、内容が多ければ多い程、読む本としては飽きが先に来てしまうのが難点なんだよなぁ…



posted by 千木良 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録|76諸芸・娯楽 | 更新情報をチェックする