2019年07月31日

ほらふき男爵の冒険(ビュルガー)


いっておくが、いままでの話は、す・べ・て、ほんとうにあったことだ。だから、決して、わがはいを「ほらふき男爵」などと呼んではならぬ。「ミュンヒハウゼン男爵」と呼ぶように。(p236)
 原書はビュルガー編の「Wunderbare Reisen zu Wasser und Lande: Feldzüge und lustige Abenteuer des Freiherrn von Münchhausen」。実在したプロイセン貴族ミュンヒハウゼン男爵が、フィクションを交え周囲に語った自身の体験談が原型だとか。

ほらふき男爵の冒険

ほらふき男爵の冒険

  • 作者:ゴットフリート・アウグスト・ビュルガー/石崎洋司
  • 出版社:集英社
  • 発売日: 2015年05月01日

posted by 千木良 at 23:00| Comment(0) | 読書記録|97外国文学小説 | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

アルプスの少女ハイジ(ヨハンナ・シュピリ)


ここには、まぶしい太陽と、すんだ空気と、そよぐ風と、そんなものしかありませんが、これこそが人間の生活というような気がします (p159)

 古典的児童文学「Heidi」を、小学校低学年向けに再構成した、角川つばさ文庫オリジナル版。原題は「Heidi's Lehr und Wanderjahre」及び「Heidi kann brauchen,was es gelernt hat」。
 ムスメに就寝前の読み聞かせ。

アルプスの少女ハイジ

アルプスの少女ハイジ

  • 作者:ヨハンナ・スピリ/万里アンナ
  • 出版社:角川書店
  • 発売日: 2012年10月

posted by 千木良 at 23:00| Comment(0) | 読書記録|97外国文学小説 | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

ナルニア国物語⓸銀のいすと巨人の都(C・S・ルイス)


木々とか草とか太陽とか月とか星とかアスランそのひとも、単にあたしらが夢見ていただけ、あるいはでっちあげにすぎないとしましょう。たとえそうであったとしても、それならそれで、そうした心のなかで想像した物事のほうが本物よりもずっとずっと大切なのです。(p220)

 原題「The Silver Chair」。前作から1年後、ナルニアでは50年後の世界を描く、7部作の第4巻。
 ムスメに就寝前の読み聞かせ。


【関連作品紹介】
posted by 千木良 at 23:00| Comment(0) | 読書記録|97外国文学小説 | 更新情報をチェックする