2018年03月25日

真夜中の図書館 1(ニック・シャドウ)


人は自分が理解できないものをおそれるの (p84)

 「声が聞こえる」「ぴったりの靴」「一日一個のリンゴ」の3篇収録。どの話も主人公の少年少女が、状況を変えるために一歩踏み出した結果〝最悪の結末“を迎える、という児童書。
 ムスメらに就寝前の読み聞かせ、で良かったのだろうか?

真夜中の図書館 1 (集英社みらい文庫)

真夜中の図書館 1 (集英社みらい文庫)

  • 作者:ニック・シャドウ
  • 出版社:集英社
  • 発売日: 2011-05-02

posted by 千木良 at 23:00| Comment(0) | 読書記録|97外国文学小説 | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

ナルニア国物語②カスピアン王子と伝説の角笛(C・S・ルイス)


きのうの朝、ぼくらを駅のベンチから引っぱってきたのは、角笛だったんだ! (p121)

 原題「Prince Caspian: The Return to Narnia」。前作のから1年後、ナルニアでは一千年以上後の世界を描く、7部作の第2巻。
 ムスメらに就寝前の読み聞かせ。


posted by 千木良 at 23:00| Comment(0) | 読書記録|97外国文学小説 | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

星を知らないアイリーン(ジョージ・マクドナルド)


〝百聞は一見にしかず〟と言うのは、まちがいね。ほんとうのことが見えないこともあるのよ (p243)

だれだって、わかってもらいたいものだし、わかってもらえないのは、つらいけど、でも、もっと必要なことがひとつあるの。
 …―… 
ほかの人をわかってあげることよ。 (p243)


 原題「The Princess and the Goblin」。C・S・ルイスやトールキン、ルイス・キャロルらに影響を与えた「ファンタジーの父」ジョージ・マクドナルドの名作ファンタジー。続編の刊行にも期待。
 ムスメらに就寝前の読み聞かせ。

新訳 星を知らないアイリーン おひめさまとゴブリンの物語 (角川つばさ文庫)

新訳 星を知らないアイリーン おひめさまとゴブリンの物語 (角川つばさ文庫)

  • 作者:ジョージ・マクドナルド
  • 出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2015-06-15
posted by 千木良 at 23:00| Comment(0) | 読書記録|97外国文学小説 | 更新情報をチェックする