2019年07月27日

ブラック・ジャック・ザ・カルテ1(B・J症例検討会)


ブラック・ジャックが施術した症例について検討評価したBJ蘊蓄本。31名の医師が会員として名を連ねている「B・J症例検討会」が、各症例を、心臓外科、内科、整形外科、形成外科・耳鼻科・皮膚科・精神科・麻酔科の4つに分け、それぞれの専門医による検討検証をカルテとして報告した内容で、なかなかに興味深い内容でした。でき得れば、一つの症例を複数の医師により検証したほうが、多角的な見方ができて良かったように感じましたが、架空の医師に対しては批評できても、実在の医師同士では無理なんだろうなとも思ってしまいました。


2018年06月02日

文壇アイドル論(斎藤美奈子)


 1980年~90年代に一時代を画した8人の表現者(村上春樹さん・俵万智さん・吉本ばななさん・林真理子さん・上野千鶴子さん・立花隆さん・村上龍さん・田中康夫さん)を「文壇アイドル」と名付け、各氏に対する作家論をさらに論じた「作家論論」集。著者いわく「活字世界から見た80年代試論」。
 男性作家に対する見立てはのほうが、より明晰であるように感じられたのは、著者が女性だからなのか、それとも私が男性だからなのか。


文壇アイドル論 (文春文庫)

文壇アイドル論 (文春文庫)

  • 作者:斎藤 美奈子
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日: 2006-10

【関連作品紹介】

2018年01月03日

ヘンな論文(サンキュータツオ)


ヘンな論文は、バグに見えるかもしれないが、こういった専門家と門外漢の熱量の差が際立ったところに存在するのである (p195)

多くの学問はまさに、この「知る以前よりも、知らないことが増える」というパラドックスに憑かれているのだ (p204)

 「珍論文コレクター」を自称する芸人サンキュータツオさんが、"大まじめな珍論文を、芸人の嗅覚で突っ込みながら解説する知的エンターテインメント本!"。 13本の"珍論文"を取り上げています。